株式会社グラス

会社案内

”株式会社グラス”はこんな会社です

img
社員が自分の長所を伸ばしながら、営業力を身に付けられる。 そんな組織をつくりたくて会社を立ち上げました。 営業会社なのに社員の定着率は抜群です。

設立間もない会社なのに、なぜ社員が定着しているの?

そう思われた方もいるかもしれませんね。
ひとつ例を挙げると、

”メンター制度”

新人1人に対して、先輩1人が担当として付き、一人前になるまで面倒を見ているんです。 マニュアルトークや規格にとらわれず、新人なら枠をはみ出すのは当たり前。 責任は会社が取る。すべてを受け入れて、その人の良さを引き出すことが先輩の役目。 だから、未経験で入ってきた人たちも、伸び伸びと働けるんです。

肩書きを気にしない人間関係

どんな組織にしていきたいか、会社を設立する時にいろいろ考えました。 そのひとつが会社方針でもある

”相互尊敬”

仕事は ひとりではできません。 仮に、全員が営業マン・全員が事務員・全員が社長・・・どうでしょうか? これでは組織は成り立ちません。 各自が自身の役割を果たすことで成り立っていると私たちは考えてます。 だから、社長が一番偉いわけではないんです。 社長は社長としての役割を果たしているにすぎません。 もちろん新人には新人の役割があります。 その表れでもありますが、お互いを役職名で呼びあうことはありません。
年齢が近いこともありますが、今いるメンバー全員が役職や肩書きを気にせず、お互いが対等な立場で仕事をしています。 必要以上にかしこまる必要はありません。これは、当社独自の風土であり、これからも大切にしていきたい考え方です。

すぐに成約が取れなくてもいい会社

未経験から始めていきなり成約、なんて話の方が無茶な気もしますが、弊社では、

”本人が仕事を全力でやり切ったのであれば、 1ヶ月間、まったく契約が取れなくてもOK”

  もっと言うなら、例え私達の会社で芽が出なかったとしても、 その経験を活かし他の会社で芽が出ればいいと考えています。 もちろん、営業会社ですから、会社の目標、営業個人の目標はあります。
でも、達成しないと怒られる、なんてことは絶対にありませんし、これからもするつもりはありません。 自分のペースで一歩ずつ着実にステップアップできればいいのではないでしょうか。 元飲食店スタッフや元ケータイショップ店員など、まったく異なる業界から転職してきた人もいます。 従業員は未経験から営業を始めた人ばかりですが、業界内でも高い業績を残しています。 取引先やお客様からの評価が高いことが一番の自慢です。 なぜ未経験から始めた人が好業績を残せるのか? それはこの道10年以上の弊社代表が、長年に渡り培ったノウハウを元に、さらにそれを組織全体に浸透させること。 そして組織としてより良い形に進化させ続けているからです。 営業本位ではなく、お客様本位で営業する。 このスタンスを導入研修や先輩との同行、ロールプレイングを通して身に付けていけば、必ず契約を取れるようになります。